認定看護師

認定看護師

認定看護師の資格一覧

 

 

認定看護師には、2013年現在で21の資格に分れています。

 

内容は以下の通りです。

 

 

 

 

 

「救急看護」…災害時や救急時の救命技術の向上とトリアージの実践。関係家族のケア。

 

 

「皮膚排泄ケア」…寝たきりなどによる褥瘡などの創傷のケア、また失禁といった排泄管理へのケア。
                            また、患者本人のほか家族の自己管理にも注意、ケアを行います。

 

 

「集中ケア」…重篤な患者や生命危機にある患者の病変をあらかじめ予測し、予防。
                    あるいは、回復期を早めるための早期リハビリテーションを実施します。

 

 

「緩和ケア」…疼痛や呼吸困難、体全体のだるさといった、患者本人しか理解できない痛みや
          症状を緩和します。また、家族の喪失感などのケアも役目のひとつです。

 

 

「がん化学療法看護」…化学療法薬の取り扱い及び適切な投与管理の安全性を向上させます。
               副作用症状へのケアを行います。

 

 

「がん性疼痛看護」…がん特有の痛みの評価を行い、個別的なケアを行います。
               薬剤での疼痛緩和ケア。

 

 

「訪問看護」…在宅療養患者の主体性を損なわないためのケア、あるいはマネジメント看護を行います。

 

 

 

 

 

「感染管理」…医療機関で発生しかねない集団感染のサーベイランス(調査管理)と施設ごとの
           状況把握と感染管理システムの構築を行います。

 

 

「糖尿病看護」…糖尿病患者の血糖パターンのマネジメント、フットケアを行います。
            また療養生活の支援を行います。

 

 

「不妊症看護」…生殖医療を決断し、受診する男女ペアへの情報提供を行い、
           自分たちの意志で決定するための支援を行います。

 

 

「新生児集中ケア」…新生児でもハイリスクのある病変の予測と、更なる重篤化の予防をします。
               親子関係形成のケア、生理学的な安定と健やかな発育へのケアを行います。

 

 

「透析看護」…透析治療の安全性と安楽性の管理。長期に及ぶ療養生活のケア。

 

 

「手術看護」…手術による侵襲を抑え、二次合併症予防するための安全管理を行います
           (機材、体温や体位管理など)。
           また周手術期(術前、中、後)の継続看護。

 

 

「乳がん看護」…自己体系の変容への心理的、あるいは社会的な問題へのケア。
            治療への患者のケアを行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「摂食・嚥下障害看護」…摂食、嚥下訓練の適切化、安全性の選択と実施ケア。
                  誤嚥性は胃炎、窒息、脱水などの予防ケア。

 

 

「小児救急看護」…子供の救急救命に際し、病変に応じた対応を行います。
              育児不安、虐待への対応やトリアージの実施。

 

 

「認知症看護」…認知症にある各期の療養環境の調整とケア。行動心理症状の予防などを行います。

 

 

「脳卒中リハビリテーション看護」…脳卒中患者の重篤化予防。急性期、回復期、維持期における
                         モニタリング、と早期リハビリテーションの実施。

 

 

「がん放射線治療看護」…がん放射線治療に伴う安全性の確保、副作用症状の予防、緩和。

 

 

「慢性呼吸器疾患看護」…呼吸機能維持、向上のためのリハビリテーションの実施。
                   安定期、憎悪期、終末期などの呼吸管理。
                   急性憎悪予防のセルフケアの支援を行います。

 

 

「慢性心不全看護」…心不全憎悪因子の評価、モニタリングを行います。
               また安定期、憎悪期、終末期などの生活調整とセルフケアの支援を行います。

認定看護師記事一覧

認定看護師の資格の取得方法を教えます!

国家資格である、認定看護師は「専門分野」に徹するエキスパートといえます。2013年現在で21のカテゴリーに分れており、選択した特定分野のプロとして、高度な看護技術を用いて実践し、一般看護職に指導、コンサルティングを行う役目があります。認定看護師になるためには、次の課程が必要です。まず、看護師免許資格...

≫続きを読む

認定看護師資格を支援してくれる病院を探す方法とは?

現在働いている病院が、認定看護師の受験を許可してくれないまたは、認定看護師資格の取得を支援してくれない人は多いと思います。認定看護師資格を病院の支援を受けないで取得するには、認定看護師取得費用100万円と生活費100万円などを合わせて200万円を自分で負担しないといけないのです。出費項目金額入学試験...

≫続きを読む

認定看護師取得までの費用はどれくらいかかるのか?

認定看護師を取得するまでにには、かなりの費用がかかることが知られていますね。また、準備期間も必要ですが、ここでは費用について詳しく見ていきましょう!認定看護師を取得するには、認定看護師養成機関に一定期間在籍する必要があり、その間は看護師業務が出来なくなります。そして、その間の生活費や学習にかかる費用...

≫続きを読む

認定看護師を取得してからの働き方と職場について

一般看護師としてスキルを磨いたあとで、認定看護師の資格を取得しようと考える人たちにとって、一番の悩みはいったん医療機関を「離職」しなければならないという現実です。ですが、最近は総合病院の中に「認定看護師の研修期間中も給与や賞与がある」ところや、資格受験までの期間の住宅手当(貸し付け、あるいは半額補助...

≫続きを読む

救急看護認定看護師を取得するまでの道のりとは?

認定看護師は、特定分野に長けた看護のプロフェッショナルです。救急看護とは、医療現場での救急搬送患者の対処や災害時のトリアージが主な目的になります。最近では精神科病院でのトリアージも重要な任務となっており、24時間医療の地域中核型の精神科病院では、フリーアクセス型と共に、救急看護師が薬剤師とともに活躍...

≫続きを読む

救急看護認定看護師を取得してからの働き方と職場について

救急看護認定看護師を必要とする職場は、全国でも救急指定、あるいは特定機能病院と呼ばれる病院に多くあることが知られています。中には、地方の中核病院でドクターヘリを所持する病院に所属する看護師もおり、特にトリアージのスキルが非常に重要視されています。救急病院は通常、一次救急から三次救急まで様々な形態があ...

≫続きを読む

皮膚排泄ケア認定看護師を取得するまでの道のりとは?

皮膚?排泄ケア認定看護師の仕事で重要なのが「ストーマ」外来です。ストーマは腹部から尿の排出口を増設することで、消化系や尿路の疾患患者の生活を安定させるものです。通称人工肛門や人工膀胱とよばれ、手術によって増設されますが、排泄物が漏れたり皮膚がかぶれたりするトラブルがあることが知られています。また、褥...

≫続きを読む

皮膚排泄ケア認定看護師を取得してからの働き方と職場について

高齢者の増加傾向の高まりから、皮膚ケアと排泄ケアを専門とする認定看護師の需要が高まっています。地方により雇用状況に差がありますが、老人患者が比較的多い病院では夜勤看護師、あるいはパート看護師とともに、皮膚?排泄ケア専従の認定看護師の求人があります。特に、総合病院において褥瘡管理者として、専従業務経験...

≫続きを読む

集中ケア認定看護師を取得するまでの道のりとは?

集中ケアとは、重症かつ集中治療を必要とする患者とその家族への看護をいいます。そのため、生死の危機状態にある患者の容態の病変や反応に対してケアを行うという、非常に責任の重い役目といえるでしょう。イメージではICU(呼吸器系、循環器系など)やCCU(心臓系、血管系の集中治療室)での業務が多いと思われてい...

≫続きを読む

集中ケア認定看護師を取得してからの働き方と職場について

集中ケアとは、ICUつまり集中治療室で、重症かつ集中治療を必要とする患者と家族の看護を行うことを意味します。生命現象の危機状態にある患者を受け入れる病院は全国にありますが、小児から高齢者まで年齢や疾患を問わず全ての診療科の治療を受け入れるには、集中治療の専従医が患者の主治医と協働し診断することから始...

≫続きを読む

緩和ケア認定看護師を取得するまでの道のりとは?

「緩和ケア」というのは、おもにがんと診断された患者や家族への様々なケアを意味します。診断結果の時点での早期ケアが好ましい、といわれているがんの緩和ケアは、身体的な苦痛や精神的な不安をいかに減らしていくかを目標に、患者の過ごし方を患者自身にふさわしいものにしていくのです。患者と家族の生活の不安、仕事へ...

≫続きを読む

緩和ケア認定看護師を取得してからの働き方と職場について

緩和ケアとは、がん患者の苦痛(疼痛も含め)や家族が抱える問題に対して、ケアを行うことをいいます。緩和ケア認定看護師を取得した看護師は、緩和ケアだけを担当するわけではありません。放射線化学療法の際、抗がん剤投与の患者には粘膜障害が起こりやすく、口腔ケアが必要になります。また放射線と抗がん剤は、骨髄で血...

≫続きを読む

がん化学療法看護認定看護師を取得するまでの道のりとは?

がん化学療法とは、抗がん剤によるがん治療をいいます。副作用が伝えられる抗がん剤ですが、毛髪が抜け、吐き気が強いというイメージとは逆に、吐き気を強力に止める薬剤や外来通院による治療など、最近はがんの治療法が進化してきています。がん化学療法看護とは、がん化学療法その時系列(治療が決まった時、実際にがん化...

≫続きを読む

がん化学療法認定看護師を取得してからの働き方と職場について

がんの化学療法は、化学物質である抗がん剤の投与による治療法、すなわち薬物療法です。目的はがん細胞の分裂抑制とがん細胞そのものの壊死ですが、術前、術後に投与することでより効果が増大するといわれています。また、外科的手術や放射線療法と併用が多いのですが、局所的治療ができないケース、あるいは終末期緩和医療...

≫続きを読む

がん性疼痛看護認定看護師を取得するまでの道のりとは?

がん性疼痛とは、がん患者にみられる体重減少、食思不振、呼吸困難などの症状に非常に近いものと、いわれています。特に、死を意識している末期のがん患者の場合は、約70%は主症状の痛みを感じます。?看護としては睡眠や休息、人とのふれあいなどでリラックスさせ、痛みを減少させることなど、があります。がん治療の目...

≫続きを読む

がん性疼痛看護認定看護師を取得してからの働き方と職場について

がん治療に関わる医師、看護師、薬剤師などは通常チーム体制で診療、治療に臨みます。ですが、従来のジェネラリスト看護師に代わり、がん看護、緩和ケアにあたる専従看護師の必要性から、がん性疼痛看護認定看護師が各地の病院で採用されるようになってきました。がん看護、緩和ケアの一員として、特にがんの痛みに関する看...

≫続きを読む

訪問看護認定看護師を取得するまでの道のりとは?

訪問看護は、病院が経営する看護ステーションや介護事業を行う事業者が「看護」を依頼することで、成り立つ看護業務です。地域社会での往診看護のほか、最近は在宅看護が多くなっているため、訪問看護師の需要が高まっています。従来は病院の地域連携室に勤務するのは「医療ソーシャルワーカー」が圧倒的でした。そのため在...

≫続きを読む

訪問看護認定看護師を取得してからの働き方と職場について

医療法人や社会福祉法人が経営する訪問看護ステーション、あるいは民間事業者によるステーションなど、現在全国でさまざまな訪問看護事業を行う法人、個人が存在します。こうした看護師は、医療報酬部分から給与を受け取る仕組みですが、現在認定看護師の資格手当が発生する事業所は、まだ報告されていないのが実態です(今...

≫続きを読む

感染管理認定看護師を取得するまでの道のりとは?

様々な抗微生物薬の出現と公衆衛生の普及で、感染症は多くの国で消滅したと思われていますが、ここ数年のウイルス集団感染の危険性や感染症の悪化が再びクローズアップされています。また、医療機関では患者の高齢化による感染や、血管カテーテル、人工呼吸管理、免疫抑制剤などを使用することで、さまざまな感染リスクが増...

≫続きを読む

感染管理認定看護師を取得してからの働き方と職場について

感染管理とは患者、医療関係者、院内すべての人を対象に、病院における感染症を予防することです。実際には感染病は院外で発生し、患者として病院に訪れることから、体力的弱者や高齢者が滞在する病院内で爆発的に感染し始める恐れがあります。そのためには、感染者を隔離するなど、感染の拡大阻止の施策を即時に実行してい...

≫続きを読む

糖尿病認定看護師を取得するまでの道のりとは?

現在日本では2000万人以上に糖尿病患者(予備軍も含め)がいるといわれています。慢性疾患であると同時に、一生涯続く疾患でもあり、患者は自らの自己管理にも対応したければなりません。そのため、患者の身体的、心理的状況に対応することが役割です。その主なものは3つあり、まず血糖パターンのマネジメントです。イ...

≫続きを読む

糖尿病看護認定看護師を取得してからの働き方と職場について

内分泌・代謝内科の専従看護師として糖尿病看護を行うのが、糖尿病看護認定看護師です。糖尿病の患者は激増しており、偏った食生活や運動過少、ストレスによる生活習慣病といわれています。実際には膵臓の細胞が自己免疫異常のため、血糖を調整するホルモンである「インスリン」の分泌ができなくなり、血糖値が高くなる「1...

≫続きを読む

不妊症看護認定看護師を取得するまでの道のり

不妊症の悩みを抱える患者の多くは、家族や友人に話しづらいデリケートな問題としての心理的な悩みや、治療方法への不安、あるいは治療の成果がいつみえて来るのかといった不安に、さいなまれること多いのが特徴です。不妊症看護認定看護師は、こうした患者のコーディネートや悩みに対してのカウンセリングが役目のひとつ、...

≫続きを読む

不妊症看護認定看護師を取得してからの働き方と職場について

晩婚化、晩産化が進んでいることもあり、結婚しても不妊の問題に直面するカップルが増加傾向にあります。ある調査では、現在日本では7組に1組が不妊で悩んでいる、といった結果も報告されています。多くのカップルが産科婦人科で検査をするケースが多いのですが、産科婦人科の領域はもともと広く、婦人科良性疾患、感染症...

≫続きを読む

新生児集中ケア認定看護師を取得するまでの道のりとは?

新生児集中ケア認定看護師の役割は、出生、入院直後から数日間という急性期に重篤なハイリスク状態にある新生児の身体的ケアを行います。また、母子両方の親子関係をケアする役割も担っています。特に、早産での新生児の身体的、神経学的な発達をケアし、不安の緩和や円滑な親子関係への熟成が図られるように、心理療法士と...

≫続きを読む

新生児集中ケア認定看護師を取得してからの働き方と職場について

認定看護士の中で、宿当直の多い医師とスタッフと共に活躍するのが新生児集中ケア認定看護士です。全国の主要都市では、産科医師や新生児担当医師を配置した、24時間体制で患者の受入れ体制を確保するのが、周産期母子医療センターです。新生児集中ケア認定看護師の勤務先は、この周産期母子医療センターであり、総合周産...

≫続きを読む

透析看護認定看護師を取得するまでの道のり

腎臓の機能低下のよる慢性腎不全は、治療法が開発されていないため、腎臓機能の代行としての治療として、透析があります。血液透析と腹膜透析のうち、血液透析の場合はシャント(血液量を多く流す静脈を作る)手術を行いますが、患者の9割以上が、この血液透析を行っています。これに対して、腹腔透析は腹膜の内側にある腹...

≫続きを読む

透析看護認定看護師を取得してからの働き方と職場について

糖尿病患者は、日本には予備軍も入れ約2000万人いると考えられています。そのうち毎年1万4千人程度が合併症でなくなっており、生活習慣病として認知され始めています。合併症では脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞や皮膚病、感染症のほか、目の疾患や手足の神経障害と足における動脈硬化症が知られています。そのため、国では...

≫続きを読む

手術看護認定看護師を取得するまでの道のりとは?

手術というチーム医療の一端を担う手術看護認定看護師と一般的な手術看護師の役割は異なります。手術看護師には「器械だし看護師」(以前は「直接看護師」)と「外回り看護師」に分かれ、器械だし看護師は医師と手術に立ち会い、医師に手術のための器械を渡す看護師です。患者の個体に合わせた器械準備には術前の様々な情報...

≫続きを読む

手術看護認定看護師を取得してからの働き方と職場について

手術看護認定看護師は、常に手術室で勤務するかたわら、患者への精神的ケアと患者の家族に手術内容を可能な範囲伝達する役割を負っています。そのため、手術担当の看護師経験者が認定看護師となるケースが多く、さまざまな医師とのやり取りを行うプロの看護師というスタンスです。患者にとってみれば、手術がどういった内容...

≫続きを読む

乳がん看護認定看護師を取得するまでの道のりとは?

乳がんは女性の臓器がんの罹患率トップであり、死亡率も高いのが特徴です。治療は手術療法、化学療法、内分泌療法、放射線療法と多く、しかも通院で行われることが少なくありません。そのため、患者も周囲も心理的負担が大きいといえます。乳がん看護認定看護師の役割は、治療を継続して行えるよう、患者のセルフケアの指導...

≫続きを読む

乳がん看護認定看護師を取得してからの働き方と職場について

乳がんの診断を受けた患者の多くはショックを受け、その後精神医学的な診断が下されるケースがあります。統計によれば、乳がんと診断された患者の20%から25%が不安やうつなどの適応障害に見舞われるとあります。乳がん看護認定看護師の業務は、こうした告知後の患者に、いかに前向きに治療を行ってもらえるように、不...

≫続きを読む

摂食嚥下障害看護認定看護師を取得するまでの道のりとは?

摂食?嚥下障害は、加齢や脳卒中、神経筋疾患や口腔、咽頭の疾患などが原因の場合が多く、誤嚥による肺炎や窒息を招く場合も少なくありません。そのため、早期のリハビリテーションが必須となります。「食物を認識してから口に運び、取りこんで咀嚼して飲み込むまでの障害」を最近は摂食?嚥下障害と呼ぶようになりました。...

≫続きを読む

摂食嚥下認定看護師を取得してからの働き方と職場について

「摂食・嚥下」とは、食事を摂取するときの一連の動作を指します。まず、食物を脳で認識して口に運び、咀嚼(噛み砕くこと)して飲み込みやすくします。その後口の中(口腔)から咽頭(のど)へと食物を送り込みます。つまり、食物を口腔内に取込むことを摂食、それを飲み込むことを嚥下というわけです。摂食・嚥下(せっし...

≫続きを読む

小児救急看護認定看護師を取得するまでの道のりとは?

小児救急看護認定看護師の役割は、救急外来を受診した子どもへのトリアージ(この場合は、病院内で受診した子供の症状を判断し、より具合の悪い子どもの待ち時間を調整するなど)や応急処置、看護ケアを行うことが上げられます。病棟では、入院している子どもの成長発達と安全に尽くし、観察することで子どもへの虐待が行わ...

≫続きを読む

小児救急看護認定看護師を取得してからの働き方と職場について

小児救急は、救急指定の医療機関が夜間や深夜に訪れた小児患者の臨床を行うことをいいます。そのため、救急医療を行う医師の介助と、患者の看護がその職務と考えられがちですが、認定看護師の一番重要な任務はトリアージといってもよいでしょう。トリアージは通常、事故や災難での突発的かつ規模の大きなアクシデントによる...

≫続きを読む

認知症看護認定看護師を取得するまでの道のりとは?

認知症は脳機能障害、身体疾患、加齢による身体変化などをよく理解することから、アセスメントに取りかからなければなりません。認知症患者は、新しい環境への適応、苦痛や不安感、不快の自己表現が困難な場合が多くあります。そのため、認知症に対する総合的な理解を深めることが急務となります。理解には環境の整備が必要...

≫続きを読む

認知症看護認定看護師を取得してからの働き方と職場について

認定看護師の中でも、認知症看護認定看護師の需要は高く、そのスキルを求めている医療機関は年々多くなっています。特に、最近では認知症の「度合い」を判断し、病棟から福祉施設や自宅へと移送する「判断」を行う専従看護師などもおり、認定看護師資格の質の高さが買われているのがよくわかります。一般求人では認定看護師...

≫続きを読む

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師を取得するまでの道のりとは?

脳卒中は、脳出血や脳梗塞など突然に発症することで、意識障害や運動機能の障害を引き起こすことが多く見られます。また、再発や合併症を予防することも欠かせません。リハビリテーションの支援の仕方で、脳疾患患者のその後の人生が大きく変わることがありえるのです。脳卒中リハビリテーション看護とは、脳卒中(脳梗塞・...

≫続きを読む

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師を取得してからの働き方と職場について

脳卒中は超急性期から慢性期へと、連続した介護が必要になる症例が多いのが特徴です。また、脳のどの部分が損傷するかで、障害程度の個体差が激しく、看護とリハビリテーションが欠かせません。そのため、脳外科を持っている病院はどこでもリハビリテーション室を設け、専門スタッフによるプログラムが行われます。リハビリ...

≫続きを読む

がん放射線療法看護認定看護師を取得するまでの道のり

多くの医療機関で医師と放射線技師が担当するのが放射線治療です。その中で認定看護師の役割は、放射線治療の迅速化と治療効果のサポートが第一です。具体的には、放射線治療計画当初から、副作用を予測しなければならないこと、予防ケアを行うこと、症状マネジメントの適切化を図ることに絞られます。放射線治療の副作用を...

≫続きを読む

がん放射線療法看護認定看護師を取得してからの働き方と職場について

放射線治療には完全な治療を目的にする「根治的照射(遠隔転移のないがんの場合に適用)」、手術や抗がん剤で治療し、がん が消失した後の再発を予防する「予防的照射」、手術をしやすくするための「術前照射」や、術後の再発を予防する「術後照射(乳がん治療で多い)」、根治できない進行がん、転移がんによって起こる様...

≫続きを読む

慢性呼吸器疾患看護認定看護師を取得するまでの道のり

慢性呼吸器疾患認定看護師は、気道およびその他の肺組織の非感染性慢性疾患をいいます。特に喘息と慢性閉塞性肺疾患(COPD)の2疾患を指すことが一般的です。他に気管支拡張症、慢性副鼻腔炎、過敏性肺炎、肺ガン、肺線維症、慢性胸膜疾患、塵肺、肺好酸球増多症、肺性心、肺高血圧、肺塞栓症、アレルギー性鼻炎、サル...

≫続きを読む

慢性呼吸器疾患看護認定看護師を取得してからの働き方と職場について

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は年々増加傾向のある疾患であり、慢性期から終末期という患者には普段の生活の不安感を伴うものでもあります。また、肺の機能が一部でも失われると、治ることはないため病棟看護と同時に在宅看護も特に必要とする疾患ともいわれています。症例としては、肺の内部が破壊されたり気管支が狭くな...

≫続きを読む

慢性心不全看護認定看護師を取得するまでの道のり

慢性心不全認定看護師は、心不全や心筋梗塞、不整脈といった「心臓」疾患に関係する患者ケアと家族ケアを行います。心不全は呼吸困難を伴うことが特徴で、夜間発作性呼吸困難症ともいわれ、就寝後しばらくして息苦しさを感じますので、病棟の患者ケアは欠かせません。また夜間の多尿も、初期の症状としてあるため、患者の不...

≫続きを読む

慢性心不全看護認定看護師を取得してからの働き方と職場について

慢性心不全は投薬治療で対処されることが多く、症状を軽くするか抑えるための投薬と、症状悪化を抑えるものがあります。従来、投薬治療のみに診療が行われていたことから、患者がセルフケアを認識せずに投薬を中止してしまったり、生活習慣を変えずに過ごした結果、再入院してしまうケースが非常に多くありました。そのため...

≫続きを読む

認定看護師が看護師求人サイトを賢く利用する方法とは?

認定看護師を取ったのに・・・(; ;)         給料が・・・・               労働環境が・・・・       資格を役立てる業務がない・・・・            あなたを応援します!             ご自身に誇りを持ちましょう。         あなたの資格は大きな...

≫続きを読む

認定看護師&専門看護師一覧

転職で資格取得のチャンス・年収UP・キャリアUPを目指そう!

↓          ↓          ↓


《認定看護師》

感染管理認定看護師 糖尿病認定看護師 不妊看護症認定看護師 新生児集中ケア認定看護師

透析認定看護師 手術看護認定看護師 乳がん看護認定看護師 摂食・嚥下障害認定看護 

小児救急看護認定看護師 認知症看護認定看護師 脳卒中リハビリテーション認定看護師

がん放射線治療認定看護師 慢性呼吸器疾患認定看護師 慢性心不全認定看護師

《専門看護師》

がん看護専門看護師 精神看護専門看護師 地域看護専門看護師 老人看護専門看護師

小児看護専門看護師 母性看護専門看護師 慢性疾患看護専門看護師 

急性期重症患者看護専門看護師 感染症看護専門看護師 家族支援専門看護師

在宅看護専門看護師